心に正直であること
怒るもまた心に正直なこと
悲しむもまた心に正直なこと



誰かと自分を比較したって仕方ないし
他者の行動に心を動かされ過ぎるのも何も生まない

心が膿むだけ



ただ、乱れた心を原動力に変えて
押し進むことが大切



現代美術館へ行ってきました

今週末まで開催中の「ミナペルホネン / 皆川明 つづく」



皆川さんは、画家であり
テキスタイルデザイナーであり
詩人であり

とても丁寧な生き方をしている人という印象を受けました



どの作品(お洋服)にも、ひとつひとつ想いと時間が刻まれていて
小さい子どもからお年寄りまで
100年着られる愛されるデザインにしたいという願いが
たくさん伝わってくる展示でした



わたしミナペルホネンのお洋服ひとつも持っていないのですが
高校生のときに
とても憧れていたヴァイオリン奏者の先輩がいて
(今は靴職人になっています)

彼女がミナペルホネンのエッグバッグを持っていて
とても可愛いなと見ていたので

かれこれ20年以上ミナペルホネンに憧れているのです、実は



ただ…
わたしのキャラ的にあんまり似合うものがなく…

子どもが産まれたときに、友達からミナペルホネンの赤ちゃん用帽子とブランケット、お食事エプロンをいただき
ウサギが走っているお皿を買えて
とても嬉しかった^^



去年の今日、
とても悲しいことがあって

乗り越えていかなくちゃって心の中で苦しく思っていた

でも、乗り越えるよりも
共存していく悲しみは、いつかは優しい気持ちになっていくのかもしれないと
スイートピーの花言葉の中に「優しい思い出」があり

おうちに飾ってみて
そう思えました



蝶のように飛躍する

ミナペルホネンの蝶々のテキスタイルも
スイートピーの花びらも

ひらひらきれいな空に飛んでいくような

きっとまた舞い戻ってきて



2月12日は、蝶々の日と呼ぼう





Related Entry
Comment





   

     

Profile

Search

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM